Finder(ファインダー)

ソリューションニュース

BIMと不動産管理ソフトのクラウド上での
リアルタイム連携を実現<オートデスク>

2019.08.02

オートデスクは、プロパティデータバンク(以下、PDB)と不動産管理ソフトウェアと建物に
関わるBIMデータを、クラウド上でのリアルタイム連携を可能にするアプリケーションを開
発した。
同アプリケーションは、不動産経営・管理に必要なBIMデータを「Autodesk Revit」から、
PDBの不動産管理クラウドサービスである「@プロパテ」への取り込みを可能にするもの。
オートデスクのクラウドサービス開発環境「Autodesk Forge」とのリアルタイム連携によ
り、クラウド上で完全に連携するため、特別なBIMソフトを起動することなく、不動産クラ
ウドの@プロパティの画面上でBIMデータを利用できるのが特長だ。同アプリケーションに
より、不動産会社や管理会社、企業のファシリティマネージャーが容易にBIMデータを利用
することが可能となる。
さらに、既存建物ストックの運営管理に必要なBIMデータの構築を実現できるという。現在、
これらは日本設計の協力のもと、モデル建物での検証が重ねられているところだ。
今後、両社は維持保全業務の効率化や投資用不動産の収益向上を支援する新しいアプリ
ケーションに関して不動産会社や自治体不動産管理会社など多くの企業に幅広く展開し
ていく方針だ。
 
上記についての詳しい情報と申し込みは、こちらのWebサイトで。

 @プロパティの画面

 @プロパティの画面